top of page
検索
  • 執筆者の写真Dopey

365 DO-GOOD! No.6

手造り砧(キヌタ)

砧(キヌタ)とは、昔々、川で洗濯した衣類を、棍棒の様な道具=砧で叩いてシワを伸ばしたり、あるいは稲藁などの束を叩いて繊維をほぐしたりと…叩いてほぐす用途で使わられた道具を指します。


現代で同じ用途で使われているかわかりませんし、実物の形状もこんな感じではなく、もっと棍棒!といった様相ですが、他に言いようが無かったので、この手造り道具を「砧(キヌタ)」と言い張っています。


実際に当店でどのように使っているかと言うと、このページで紹介した技法で作った物の表面をひたすら叩いて整形する、という用途で使います。


曲面を打撃するには普通のハンマーだと圧力が強すぎて跡がついたりするので、こう言った平面のハンマーが適しているのです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page